消火器廃棄処分について

消火器廃棄処分について

 本日、㈱消火器リサイクル推進センター主催のもと、公益財団法人 日本産業廃棄物処理進行センター様を

御招きし消火器廃棄処分(廃消火器)に関する講習会にて再認識して参りました。

  廃棄物処理法に関しましては割愛させていただきまして、廃消火器に関しましては下記の手順となっております。

  消火器ユーザー様(自治体・企業・家庭)は廃消火器がある場合、特定窓口(当社)に直接持込み又は引取りに御伺いするか、指定引取場所(消火器メーカー等)に直接持込むかのいずれかになります。

  不法投棄等は廃棄物処理法に違反する行為になりまた、投棄してある消火器が破裂し怪我をされた方もいるとの報告が上がっています。

  また、最近でよくあるケースとして、解体現場で出る廃消火器もう使用しないだろうと思い現場で作業員が消火器のハンドルを握った瞬間破裂し怪我をしたという報告が多数上がっています。

 

   消防用設備等を有する方々には、正常に機能・動作するために定期点検が義務付けられております。

消火器もその設備の一部です。

  「消火器は置いておくだけでいいや」と、思われるユーザー様は決して少なくありません。

消火活動上、必須アイテムのひとつであり人命救助としてあるべき設備ですので正しい設置・点検そして処分をして頂きまして人命を傷つけぬよう消火器に関して御理解頂けますと幸いです。

 

   ご不明な点がございましたら是非当社に御相談下さい。